<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

何者になるか

先日、友達とたまたま飲みにいった新宿で、
いろいろな人とあった。

その中の一人が話してくれた、
ヨソ者と、バカ者と、キレ者の話。

世の中にはこの3種類の人(役割)がいて、

ヨソ者とは、そとから眺めて
「あ、ここにこんな面白そうなものがあるじゃん」とか
「あ、そこにあんなにいいものが落ちてるじゃん」とか
見つけてくる人。外から見てるだけ。

バカ者は、
「え、そんな面白いものあるんなら、遊べるじゃん」とか
「え、そんなもの落ちてるんだったら、こんなこと出来るよ」とか
夢みる人。夢ばっかり見てるからバカもの。

キレ者とは、
バカ者が考えた夢を「どうやったら実現できるか」考えて、
「こことそこを繋げたらうまくいくよ」と
仕組みをつくりあげて実現させてしまう人。


で、その人は国際協力関係の仕事をしているんだけど、
自分達は「ヨソ者」と「バカ者」の役割をしてるんだと、
その国の人自身が「キレ者」にならないと意味はないんだと、
アツク語ってくれました。


わたしは何者になりたいんだろう?と思った。
たぶんどの人がいいとかじゃなくて、どの人も必要で、
あるいはひとりで全員になれちゃう人もいるんだろうけど。
逆にどれにもなれてない人もいるんだろうな。


世の中には、ほんとうに色んな人がいて、
一期一会で、知らないこともたくさんあるんですね、
と、当たり前のことを強く実感した夜。

by yebypawkawoo | 2007-02-25 01:08 | ◆考えたこと  

生きているうちに出来ることには限りがある

例えば、人に会うこと。
一回だけあって、それで終わってしまう人も多い。
でも、縁というものがあるのならば、
また会えるような気もする。

中には、本当の偶然もあるのだろうけれど、
たぶん、その大半は努力によるものなのだろう。


先日、友達と新宿の飲み屋(小料理屋?ママが二人いる)にいった。
そこにいたのは、友達の会社の同僚の方々。
一緒に飲むことになり、
小料理屋→中華@歌舞伎町→ゴールデン街
の朝までコースに。

ゴールデン街は初めてだったけれど、そこでも常連さんやマスター?の
人たちと話がはずんだ。

で、何人の人と初めて会い、話をしたのか、考えてみると、
9人。主に話した人だけで。もう会うことはないかもしれないけれど、
すごく楽しく、面白かったわけです。


色々、私はどこに向かうのか、を考えている最近。
というか、考えないといけないと思っている最近。
主に非営利団体の人たちだったから、なぜそこで働いているのか、を
聞いてみた。ら、思いのほかあつい議論に。

国際協力をなぜするのか?国益のため?環境のため?日本のため?

話していて感じたのは、
私はやっぱり商売ってあんまり向かないのかなぁ、ということ。
その人たちとはなしていて、うらやましい、楽しそう、と事実思ってしまったから。

でも、例えば、発展途上国に援助をするにあたって、
その国を外からじっと眺め、どんな資源があるのかを見つめ、
日本を振り返って、日本の歴史の中から活用できる事実を探し出し、
移転する。

という一連の行為の中に、「事業企画」という観点は絶対必要。
やはり今の社会は、経済でなりたっていて、その視点は絶対必要。

そう思えば、私のいまいるセクションはきっとそういうことにも役に立つ。

問題は、私がどこに向かっていくのか、ということ。
そこを、たぶんきちんとつめないといけない。
きちんとつめれば、絶対かなうと、それは信じている。

by yebypawkawoo | 2007-02-25 00:37 | ◆日々のこと