感情で始まり、理由は後づけ。

なんだかんだ、理屈を並べてみたところで、
結局、物事を決断する理由は、自分の感情=嫌か嫌じゃないか。でしかなかった事に気づいた。
最もらしい理屈は、理不尽でただの感情論に過ぎない本当の理由を
いかにそれっぽく見せ、相手(と自分も)を納得させるか、のための技術にすぎない。
嫌なものは嫌だし、好きなものは好きだし、そこに理由なんてない。
あるのは、それを説明するための技術的理論。技術である以上、磨けば上達するのかしらん。
[PR]

by yebypawkawoo | 2008-10-05 23:29 | ◆考えたこと  

<< たとえば、コンパで出会った人の... 『つぐない』・・・原作のある映... >>