『つぐない』・・・原作のある映画って、本で読んじゃうんです、大抵。

つぐない『つぐない』 ジョー・ライト(2007)
2008年9月21日鑑賞


イアン・マキューアンの原作、『贖罪』を未読なまま鑑賞。
あらま、これって私にしては珍しい。
というのも、昨日ふと気付いたのだが、
私は原作がある作品は、本で読むほうが好きだったりするのだ。
映画を、音・映像のある3Dという意味での映画として楽しむというよりは、
お話・物語として楽しんでいる部分が多いご様子なのです。
本は、勝手に想像してしまえるから、
自分の好きなように世界を作れちゃう部分が大きいもんね。
妄想っ娘としては、こっち(活字オンリー)のほうが、楽しいのかも。

それはともかく、この『つぐない』。
原作未読で挑んでなお、
映像からやっぱり英文学、ブッカ―賞、という雰囲気が漂ってくるのはなぜだろう。
監督が意識してとったのか、イアン・マキューアンの持つ力なのか。
すんばらしい再現力(あるいは、創造力)。
私の好きな種類の世界感、映像美、ではないけれど、これはこれで美しい。
キーラ・ナイトレイも美しい。ほんと。

妹の些細な嘘と戦争によって引き裂かれる、
姉(キーラ・ナイトレイ)と、彼女たち一家の使用人の息子との恋愛物語。
でもただの恋愛物語ではなかったことがわかるラスト、
を見て初めて、おぉ。いいお話じゃあないか、と思いました。
映像よりも、そのお話力に、評価。
[PR]

by yebypawkawoo | 2008-09-30 00:33 | ◆映画のこと  

<< 感情で始まり、理由は後づけ。 『マルホランド・ドライブ』・・... >>