『モナリザ』・・・主人公の性格が、う~ん。

モナリザ『モナリザ』 ニール・ジョーダン(1986)
2008年5月17日鑑賞


いい映画、と友人にお勧めされて鑑賞。期待しすぎたか?
そこまですごい!という感動はなかった。

主人公はなんだか冴えない(というかダサい)中年男役、ボブ・ホスキンス。世渡り下手そう。7年の刑期を終えて出所して会いに行った娘のところで、案の定元妻に追い返される。怒声とともに。それに怒ったブ・ホスキンス、近所迷惑も顧みず、悪態つきまくり、ごみ箱けとばす、集まってきた見物人に怒鳴り散らし、胸倉つかみ・・・というところから映画は始まる。ちょっとこの時点で、私には合わないなぁと。なんかアメリカっぽい(いや、舞台はイギリスだけど)この感じ、自分の感情を隠すことなく露骨に出しちゃう、で全然悪いと思ってない。そういう人物像って、わたしあんまり受け付けないんです。嫌~な気持ちになる。

話は、そんな彼が、黒人娼婦のドライバーの職を得、最初は悪態つきあってる二人なのだけど、だんだん彼女のことが好きになり、彼女を救うために色々と危険を顧みず頑張るのだけど、実は彼女は・・という、切なくも一途なラヴ・ストーリー。

のはずだったのだけど。主人公の粗野な感じ、というか、自分勝手きまわりない感じにどうしても感情移入できず、最終的な結果に対してもなんの感慨も感じなかったわたしなのでした。
[PR]

by yebypawkawoo | 2008-05-19 21:33 | ◆映画のこと  

<< 『悪い男』・・・ああ、こういう... 『輝ける女たち』・・・雑然とし... >>