『不完全なふたり』・・・夫婦のより良いあり方は、まだ私にはわからない。

不完全なふたり『不完全なふたり』 諏訪敦彦(2005)
2008年5月15日鑑賞


何か、ひどく悲しく苦しい映画だった。
15年連れ添った夫婦、離婚の話も持ち上がり、でも本当に別れていいの?別れたいの?それが本人たちにもわからない。その中で静かにののしりあい、静かに喧嘩をし、最終的には・・・という話。

長く一緒にいると、どうしたってこういう風になってしまうのでしょうか?お互いが互いをよく知っている(あるいはそう過信している)がゆえに、本当の本音をさらけ出せず、意地の張り合いのようになっている部分もあり、ひねくれてしまう心もあり。すごく痛かった、私には。どうしてわかってくれないの?察してくれないの、気づいてほしい、本当は違う、でもうまくいえない、そういう妻マリーの心が見えるようだった。

ひどく現実的、でも私は長く一緒にいたってこういう風にはなりたくない、そう感じてしまった。もっと、気持ちのよい素敵な夫婦のあり方ってないのだろうか?

映画自体は、とてもとても静か。余計な音楽がない。映像の動きもない。静止した画面、音。室内描写の暗い画面が多い。それゆえ、その静かさゆえ、癖のある映画だと思う。けれど、私は何かしら心惹かれるもののある映画だった。
[PR]

by yebypawkawoo | 2008-05-15 09:57 | ◆映画のこと  

<< 『小説家を見つけたら』・・・小... 『クローサー』・・・一瞬にして... >>