『ロシアンドールズ』・・・30になっても人生に迷ってます。

『ロシアン・ドールズ』 セドリック・クラビッシュ(2005)
2008年4月25日鑑賞

ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2

これは、『スパニッシュ・アパートメント』の続編。前作は、学生特有のあのモラトリアムで適当な感じが、ものすごくよく出ていて哀愁をさそった(私ももう結構歳をとってしまったのだなあ)のだが、本作はその続編。

うん、やっぱり歳のせいだか、こちらのほうが共感する部分が多かった、そして面白かった。主人公のグザヴィエの、なんともはっきりしない感じが、う~ん、共感したくないんだけど、わかるんだよなぁ。このまま歳とっていちゃっていいのだろうか、恋愛とか仕事とか、もっとうまくいく方法もあるんじゃないだろうか、でももう30歳になってしまったし、でも・・・という感じ。あぁ、切ない。全く。

この映画ですきなのは、前作でもそうだったのだけど、さまざまな国の人が出てくるところ。それぞれお国なまりの英語をしゃべってるのが本物っぽくて好き。いろんな国が交わる、そういう感じが好きなのです。映画のできの良し悪しはともかく、個人的には割りと好きな映画だな。
[PR]

by yebypawkawoo | 2008-04-29 23:13 | ◆映画のこと  

<< 『レオン』・・・孤独を抱えたふ... 『明日、君がいない』・・・自殺... >>