BECK'sコーヒーにて思う

高崎のベックにて思う
コーヒー飲みながら思う

大学の頃はドトールばっかいってたなと思う

理由は安いから

ベックのコーヒーもドトールのコーヒーもおんなし味がした

今はドトールにあまりいかない
スタバがあればそっちを選ぶし
チェーンじゃないカフェにもいく

あたしがコーヒー飲みにいくのは
イコール本を読みにいくこと

同じ読書という行為に投下するお金が単価がいつの間にか高くなっている

例えばそういう日常のささいな行動のひとつひとつが
あの頃と変化していることに、少しずつ贅沢になっていることに、危機感を覚える

あの頃、月50万稼いでいたときにでも思っていた
お金がないならないなりの生活ができる、生活レベルを落とすのは苦じゃない というあの気持ちが
少しずつ崩れているような気がして危機感を覚える

保守的になっている
様々に様々なところで
保守的が点から面になってわたしん覆いつくしていきそうなそんな映像がうかぶ
そしたら私はもう私じゃない
そんな自分は自分じゃない
いやだ

日常生活に埋没せずに日常生活をこなすには
どうしたらいいの?
[PR]

by yebypawkawoo | 2008-03-01 17:06 | ◆考えたこと  

<< 社会性 耳がさ >>