『キングス&クイーン』・・・私は、人間くさい人に惹かれます。


『キングス&クイーン』 アルノー・デプレシャン(2004)・・・2008年2月25日鑑賞
キングス&クイーン

これを見て考えた。人は個人の人生を生きるんだな、と。生きざるをえないんだな、と。どんな生き方であれ、それを選んだ個人のものだし、責任のもとにあるんだなと。

私は、芥川龍之介の、『藪の中』、が結構好きだ。中学生の頃だったかな、国語の時間に教科書先読みで読んで、なんだかすごく印象に残った。一つの事象を決定づけるのは、主観でしかないんだと知った。すべては主観でしかない。私の主観の中で私は私の人生を生きてるわけ。この映画をみて、そんなことを思いだした。

これは、なんていうか、とても人間くさい映画だ。

話は、主人公ノラと、その2番目の夫イスマエルの二人を軸にすすんでいく。

映画を見ながら感じていたのは、ノラの自分勝手さ。非常にエゴの強い人だなと思いながら見ていた。でも彼女、すごく頭がいい。というか要領がいい。うまい具合に自分の人生を意味付けし、進めている印象。たぶん、わかってるんだよね、自分で。わかってるんだけど確信犯的に見ないようにしてる。人事とは思えない。どこか自分を見ているようで、心苦しい。胸が痛い。

うわっと思ったのが、物語の終盤。ノラのお父さんの遺書の部分。うわー突かれた、と思ったね。そうか、わかる人にはわかるんだよね、って。そう、わかる人にはわかるんです。人間の邪悪さとか自分でも見たくなくて隠してる部分とか、見えちゃうんです。でもさ、そういうのあってこその人間だよね、って私は思うんだけどな。そういう汚い部分を持ってるのが人間でしょう?きれいすぎる人には、あんまり惹かれないよねって思う。逆に怖いと思っちゃう。あるいは、自分への言い訳にすぎないのかもしれないけれど。

それで、一方のイスマエル。彼、非常に格好いい。いや、話の中では適当なダメ人間っぽいのだけど、人生に対して、誠実だと思う。だからかな、なんか切ないの、彼の言動が、言葉が、生き方が。

世間一般的にみると、たぶん、ノラが勝ち組でイスマエルは負け組みなんだけど、でもね。それもあり、これもありなんだなぁってしみじみ感じました、私は。しみじみ。人生なんて、そんな綺麗なもんじゃない、人間くさいのよ、迷うものなのよ、じんせいってさ。

いやいや、それにしてもイスマエル役、マチュー・アマルリックは格好いいなぁ。うううフランスに行きたい・・・とヨーロッパ熱に再び火が。なんて影響されやすいんだ、わたしは。
[PR]

by yebypawkawoo | 2008-02-26 01:18 | ◆映画のこと  

<< 耳がさ 『死と身体-コミュニケーション... >>