何者になるか

先日、友達とたまたま飲みにいった新宿で、
いろいろな人とあった。

その中の一人が話してくれた、
ヨソ者と、バカ者と、キレ者の話。

世の中にはこの3種類の人(役割)がいて、

ヨソ者とは、そとから眺めて
「あ、ここにこんな面白そうなものがあるじゃん」とか
「あ、そこにあんなにいいものが落ちてるじゃん」とか
見つけてくる人。外から見てるだけ。

バカ者は、
「え、そんな面白いものあるんなら、遊べるじゃん」とか
「え、そんなもの落ちてるんだったら、こんなこと出来るよ」とか
夢みる人。夢ばっかり見てるからバカもの。

キレ者とは、
バカ者が考えた夢を「どうやったら実現できるか」考えて、
「こことそこを繋げたらうまくいくよ」と
仕組みをつくりあげて実現させてしまう人。


で、その人は国際協力関係の仕事をしているんだけど、
自分達は「ヨソ者」と「バカ者」の役割をしてるんだと、
その国の人自身が「キレ者」にならないと意味はないんだと、
アツク語ってくれました。


わたしは何者になりたいんだろう?と思った。
たぶんどの人がいいとかじゃなくて、どの人も必要で、
あるいはひとりで全員になれちゃう人もいるんだろうけど。
逆にどれにもなれてない人もいるんだろうな。


世の中には、ほんとうに色んな人がいて、
一期一会で、知らないこともたくさんあるんですね、
と、当たり前のことを強く実感した夜。
[PR]

by yebypawkawoo | 2007-02-25 01:08 | ◆考えたこと  

<< どこに向かって生きるのか? 生きているうちに出来ることには... >>