『ぼくを葬る』・・・孤独に対峙する強さを想う

ぼくを葬る [DVD]『ぼくを葬る(おくる)』フランソワ・オゾン(2005)
2010年4月20日鑑賞


これは、すばらしい映画だと思った。少なくとも私は、フランソワ・オゾンの作品の中では一番好きだ。個人的なツボをつかれて、心臓がぎゅんとした。

これは、メルヴィル・プポー演じるロマンが、余命3カ月を宣告されてからの時間をたんたんと描いていく映画。素晴らしいのは、彼がひたすらに自分に向き合っていく、そのさまを描く表現に、描写に、余計な説明が一切ないことだ。ただただ彼の行動を追っていくだけ。しかし、その行動に、彼の心情がきっちりと描き出されている。

メルヴィル・プポー(ロマン)は、祖母ただ一人を除いて、自身の病気に対する一切の説明をしない。その強さを想う。果たして私が余命3ヶ月と宣告されたとき、他人に何も言わずに一人で受け止めるという選択をとることができるだろうか、と思う。しかし、そうありたい、とも思う。そうあることの傲慢さをまた一方で知りつつも、しかしそれが美しいと私は感じるから。

自分自身に向き合うことは、自分の過去にも向きあうことであり、自分の感情にも、その源泉にも向き合うことだ。そしてそれは、結局は個人の物語でしかないのだ。ラストシーンで、はっきりとそのことを悟る。ビーチで遊ぶ若者・子供たちと対比で描かれるメルヴィル・プポー(ロマン)に、その残酷なまでの孤独を感じる。しかし、あまりに美しいシーンでもある。生きるとは、自分の孤独をいかに消化し、昇華させるか、自分の中で折り合いをつけられるかどうか、なのだという気がする。私は自分の物語をきちんと読み切ることができるのだろうか。この本を閉じていてはいけないのだと焦燥感が募る。

それにしても、やっぱりメルヴィル・プポーは、いいなあ・・・。
[PR]

by yebypawkawoo | 2010-04-20 21:22 | ◆映画のこと  

<< 『フロム・ダスク・ティル・ドー... 『ブロークン・イングリッシュ』... >>