『異国の客』・・・あーん、フランス住みたい!

異国の客 (集英社文庫)『異国の客』 池澤夏樹(集英社文庫)
2009年8月31日読了


忙しさにかまけて、ちっとも読書録を更新していなかった昨今です。なんせ、本当に忙しい。まーいーにーち、まーいーにーち、僕らは鉄板の上、もとい、四角い箱の中。毎朝10時から時には0時まで、四角い箱の中。どうよ?こんなの、人間のすることじゃない。もっと私は文化的で優雅な生活が送りたい。9時5時ライフはどこにあるの?

そんな私があこがれるのは、村上春樹のような小説家。いやいや、決して彼のような小説が書きたいとか、彼のように有名になりたいとか、そんなことではなくて、そのライフスタイルにあこがれるのございます。小説書くなんて、どこでもできるちゃできる。ギリシャ、アメリカ、日本の各地、転々としながら、仕事(小説書き)しながら、現地の生活をエッセイでおおくりします、(そしてそれも収入になります。)なんて生活がしたいのです。

つまり、ひとところに留まるのがいや。色んな文化を見たいし、知りたいし、内部に飛び込んで把握してから判断したい。小さい頃から転勤族で鍛えた私は、知らない土地に行くことには抵抗ない。一所で末長い関係を気付いて行くほうが断然苦手。

そんな私のあこがれの人物が、また一人増えました。池澤夏樹氏。
彼の作品は、小説よりもエッセイのほうが好き。沖縄、ハワイ、いろんな土地へ移住しては、そこに溶け込もうとし、見つめようとする。日本人の視点をもったままに、その土地に住み着いた現地人として。それは、旅行者には持てない視点でもある。うらやましいのである。

今回は、フランス。フランスはフォンテーヌブローという、パリから電車で40分の都会につかず離れずの街。

"環境によって生活を励起されるのではなく、自分の選ぶ速度で生活を決めていきたい。そのためには万事において高密度の都会よりも、希薄なままの田舎のほうが良い。そこを刺激的にする方法は現代ではいくらでもある。"(P.20)

という氏が選んだ街は、彼の視点を借りて語られるに、相当魅力的に映る。地に足がついた生活に見える。
日本人であることを意識しながらも、そこにとらわれずに、EUの中のフランスを、フランスの中のフォンテーヌブローを、見つめ、肯定し、批判し、生活していく。

異国で暮らすこと、あるいは、知らない土地へ移住すること、とはすなわち、観察者の目を持つこと、なのかなと思う。どこか知らない土地に入ると、いやおうなしに観察者の目になる。世界がフレームを通して見えるのだ。言葉がフィルターを通して聞こえるのだ。そういう体験は、いつだって新鮮で、自分が一度リセットされる感じ。だけど、やっぱり私は私で変わっていないことにがっかりする感じ。それでも、ちょっとずつ環境に感化されて変わっていく、そういう生活。

そっか、今の私、観察眼がすっかりなくなってたのか。だいたいこうなるんでしょ、と次が予測できる環境に落ち着いてしまっている!そろそろ東京に飽きてきてるのかもな。次はどこへ行こうかな、なんて。この本を読みながら、(フランス生活にあこがれながら、)次の移住先を探す。
[PR]

by yebypawkawoo | 2009-09-02 01:51 | ◆本のこと  

<< 『ブロークン・イングリッシュ』... 帰省 >>