『ダークナイト』・・・何が狂気なのか、という問題。

ダークナイト 特別版 [DVD]『ダークナイト』 クリストファー・ノーラン(2008)
2009年2月7日鑑賞


わたし、バットマンを見るのは本作が初となります。
だから、ヒロイン・レイチェルと主人公・バットマンの関係も最初はよくわからず???でした。まぁ見ているうちにわかってくるからいいのだけど、これ以外にも、シリーズを続けてみていないてとわからない流れがいくつかあったのは、うーんなんだか残念。少なくとも、『ダークナイト』(原題でも、『The Dark Knight』。シリーズで本作だけタイトルにBatmanが入ってないでしょ)と銘打ったからにはさ、そこらへんをさ、もっと配慮してほしかったなぁ。

それから、ヒロイン・レイチェル(マギー・ギレンホール)が、かわいくなかったのが・・・かわいくなかったのが・・・なんだか盛り上がりに欠けた要因かしら、とも思う。レイチェルは、ある部分お話の肝でもあるわけで、肝に対する2人のヒーロー(バットマンとハービー)の思い入れの強さに現実味を感じられなかったですよ。だって、かわいくないんだもん。背景もわかんなかったしさ。

とまぁいろいろ文句たれつつ、それはそれとしてなかなか楽しめました。エンターテイメントとしては、面白かったよ。(ただ、『前評判が良すぎて期待しすぎてしまったかしら?わたし・・・。」という気になったのもまた確かではあるけれども)。


どこまでいっても、「正義」「誠実」「倫理的」であるバットマン、もといブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)と、最初は「正義」だったけれど「悪」へと転じてしまったハービー・デント(アーロン・エッカート)、そしてひたすらに「悪」であるジョーカー(キース・レジャー)の3者の構図は、狙ってるんだとわかりつつ面白い。ジョーカーは、心理的納得感をさそうような理由が用意されずにひたすらにただ「悪」としての役割を担っている。性悪説の具現というか。ジョーカーは、バットマンに「悪」側に落ちてほしくて、いろいろ画策するわけだけども、バットマンは「悪」的要素を一切拒否。けっ、そんな人間いるかよ、と思う私は、(個人的には3者の中で一番格好悪いと思う、だって自己憐憫で思想がぶれぶれじゃん、の)ハービーに一番近いのだろうか。けれど、理由なく「悪」道を邁進するジョーカーが、狂人であるというならば、理由なく「正義」道を邁進するバットマンだって、同じく狂人ではないか?と思います。(ひょっとしたら、何かすごい理由がシリーズ前半で明かされているのかしらん。)


そして全く関係ないけれど、わたし、ゲイリー・オールドマン結構好きかも、と気づいた。
[PR]

by yebypawkawoo | 2009-02-09 23:30 | ◆映画のこと  

<< 『バタフライ・エフェクト』・・... 『地上5センチの恋心』・・・こ... >>