『シティ・オブ・ゴッド』・・・物語のリアリティ×映画としての凄さ

シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組) [DVD]『シティ・オブ・ゴッド』 フェルナンド・メイレレス(2002年)
2008年12月7日鑑賞


あっという間の130分。迫力ある映像展開。圧巻。時間軸の入れ替わる構成に、スピード感。凄い。

シティ・オブ・ゴッド(=神の街)と呼ばれるブラジルは貧民街の、発展(というのは掘っ立て小屋から立派なスラム街へという意味で)の様を背景に、そこに生きる人々を、殺人・ドラッグ・銃撃戦・リンチ・レイプ等の日常をセットに描き出す。

語り手は、シティ・オブ・ゴッドを抜けてカメラマンになろうとする青年、ブスカペ。彼の目を借りて、貧民街の内側からの視点で描かれたブラジルだ。撮影には実際のスラムに暮らす少年たちを起用したという。物語は事実を基にした話だというところが、更なるリアリティを生む(現実の映像が挿入されるところで、はっとする)。原作もさることながら、この世界をここまで描ききった監督は凄いと思う。

このリアリティの中で感じたこと。それは、同じように生まれ同じように育っても、一方はカメラマンに(あるいは、バスの運転手でも何でも良いが)なってシティ・オブ・ゴッドを抜け出そうとし、他方はギャング団に入り街の頂点に立とうとする。その差はいったい何から生まれるのだろうか?ということだ。それまでの経験?親からの教育?それとも、もって生まれた人の性質や性格なのか?

同じ経験をつんでも、人が違えば進む方向は異なる。どうせなら、みんながハッピーになる選択が良いに決まっている。けれど、こういうある種の極限状態が日常であったとき、私はどういう人生を歩んでいこうとするのだろうか。たらればなんてありえないけれど、ふと考えてしまった。
[PR]

by yebypawkawoo | 2008-12-30 00:17 | ◆映画のこと  

<< 『それから』・・・そのまま自然... 忘年会で棚ぼたトーク。下ネタっ... >>